コルサバード遺跡(読み)コルサバードいせき(英語表記)Khorsabad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルサバード遺跡
コルサバードいせき
Khorsabad

イラク北部,アルマウシルの北約 20kmのチグリス川左岸にあるアッシリアの首都。サルゴン2世が建て,居所としたのでドゥル・シャルルケーンともいう。 1842年より E.ボッタらが調査し,サルゴン2世王宮の門を飾っていた有翼獣身人面像浮彫などをルーブル美術館に持帰った。 1930年よりシカゴ大学のオリエント研究所が王宮全域の精密な実測調査を行い,その全容が明らかとなった。それによると遺跡域は,1辺約 1.7kmの城壁で囲まれた不整な方形の北東辺に,約 600m× 300mの区画に内城が設けられ,その域内にサルゴン2世王宮,ナブ神殿,ジッグラトその他大小6つ以上の建築が集められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android