コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルサバード遺跡 コルサバードいせきKhorsabad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルサバード遺跡
コルサバードいせき
Khorsabad

イラク北部,アルマウシルの北約 20kmのチグリス川左岸にあるアッシリアの首都。サルゴン2世が建て,居所としたのでドゥル・シャルルケーンともいう。 1842年より E.ボッタらが調査し,サルゴン2世王宮の門を飾っていた有翼獣身人面像浮彫などをルーブル美術館に持帰った。 1930年よりシカゴ大学のオリエント研究所が王宮全域の精密な実測調査を行い,その全容が明らかとなった。それによると遺跡域は,1辺約 1.7kmの城壁で囲まれた不整な方形の北東辺に,約 600m× 300mの区画に内城が設けられ,その域内にサルゴン2世王宮,ナブ神殿,ジッグラトその他大小6つ以上の建築が集められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コルサバード遺跡の関連キーワード鈴木雄介森岡紘一朗競歩山崎勇喜ラージャスターンの丘陵要塞群オゾン層嘉峪関塼室墓競歩グアンタナモ湾バランキヤ