コルビノ円板(読み)コルビノえんばん(英語表記)colbino disk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルビノ円板
コルビノえんばん
colbino disk

半導体の円板の中心と周辺全体にオーム性電極をつけて電流を流すと,電流は半径方向に放射状に流れるが,円板に垂直に磁界をかけるとローレンツ力によって電流は渦状によじれて流れる。この現象をコルビノ効果といい,このような円板をコルビノ円板という。磁界が存在すると電流がより長い距離を流れるので,磁気抵抗効果による抵抗変化が大きく現れる。これを利用して磁気抵抗効果素子として用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android