コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルフ島事件 コルフとうじけんCorfu Incident

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルフ島事件
コルフとうじけん
Corfu Incident

1923年8月 31日~9月 27日イタリア艦隊がイオニア海ギリシア領コルフ島 (ケルキラ島 ) を砲撃し一時期占領した事件。 1923年8月 27日ギリシア=アルバニア国境画定委員会で活動していたイタリアのエンリコ・テリーニ将軍とそのスタッフがギリシア領で殺され,これにイタリアが報復したもの。国際連盟の調停で解決した。同連盟の政治力が初めてためされた事件。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルフ島事件
こるふとうじけん

1923年、イタリアがギリシア領コルフCorfu島を占領した事件。同年8月、アルバニア・ギリシア国境画定委員会のイタリア代表がギリシアの暴漢に殺害された。イタリアはただちに事件の調査、賠償をギリシアに対し要求したが、ギリシアは応ぜず、国際連盟とパリの四大国(イギリス、フランス、イタリア、日本)大使会議に解決をゆだねた。これを不満としたイタリアは、軍艦をコルフ島に派遣、占領した。国際連盟に解決の権限はないとするイタリアの主張を四大国が容認、ギリシアがそれに屈して問題は解決したが、紛争解決に国際連盟が非力であることを示した象徴的な事件となった。[藤村瞬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コルフ島事件の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実内閣総理大臣奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android