コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルフ海峡事件 コルフかいきょうじけんCorfu Channel Case

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルフ海峡事件
コルフかいきょうじけん
Corfu Channel Case

1946年 10月 22日,アルバニア領海内のイオニア海ケルキラ海峡 (コルフ海峡) 北部を通航中のイギリス艦隊のうち駆逐艦2隻が機雷に触れて大破し,死傷者 86人を出した事件。 1946年 11月イギリスが艦隊を派遣し,同水域を掃海したことから,アルバニアとイギリスの間で紛争となった。紛争を付託された国際司法裁判所は 1949年に,触雷についてアルバニアが国際責任を負い賠償義務があることを認め,他方で国際航行に利用される国際航路であるケルキラ海峡でイギリス軍艦は無害通航を行ないうるが,掃海行動は無害通航権の行使にはあたらず,違法な干渉でありアルバニアに対する主権侵害であるとの判決を示した。 1949年末には,アルバニアの賠償額の認定に際し,イギリスの主張を認める判決をくだした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コルフ海峡事件の関連キーワードキング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android