コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロイド嚢胞 コロイドのうほうcolloid cyst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロイド嚢胞
コロイドのうほう
colloid cyst

第三脳室内の前方部から生じる袋状の腫瘍で,コロイド状の内容をもつ。脳脊髄液の通路となるが近いので,頭を傾けたときにこの腫瘍が穴をふさぐと,急性頭蓋内圧亢進が起って,激しい頭痛,嘔吐,ときには意識喪失が生じる。頭の位置が変ったりして穴が開かれると,正常の状態に戻る。このように活栓球のような動きを示すことが,一つの特徴である。放置すると増大し危険なので,手術によって除去する必要がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android