コン リー(英語表記)Gong Li

現代外国人名録2012の解説

コン リー
Gong Li


国籍
シンガポール

専門
女優

別名
漢字名=鞏/俐

生年月日
1965/12/31

出生地
中国 遼寧省瀋陽

学歴
北京中央戯劇学院〔1989年〕卒

経歴
両親はともに大学教授。20歳で北京の中央戯劇学院演劇科に入学。数々の舞台に出演し、同校2年の1987年チャン・イーモウ監督の映画「紅いコーリャン」の主役に抜擢される。高い演技力が評判になり、以後チャン監督作品のヒロインとして活躍。’92年「秋菊の物語」でベネチア国際映画祭女優賞を獲得。2005年よりハリウッド映画にも進出。他の出演作品に「続・西太后」(’88年)、「代号美洲豹(ハイジャック)」(’88年)、「秦俑―テラコッタ・ウォリア」(’89年)、「菊豆」(’90年)、「紅夢」(’91年)、「さらば、わが愛/覇王別姫」(’92年)、「活きる」(’94年)、「上海ルージュ」(’95年)、「チャイニーズ・ボックス」(’97年)、「始皇帝暗殺」(’98年)、「きれいなおかあさん」(’99年)、「たまゆらの女(ひと)」(2002年)、「2046」(2004年)、「SAYURI」(2005年)、「マイアミ・バイス」「王妃の紋章(Curse of the Golden Flower)」(2006年)、「シャンハイ」(2010年)など。1996年2月には米誌「TIME」の表紙を飾り、3月のアカデミー賞ではプレゼンターを務めるなどアジアNo.1の女優といわれる。2000年2月ベルリン国際映画祭で中国人俳優初の審査委員長に就任。一方、中国人民政治協商会議委員も務めるなど、政治の分野でも活躍。1996年香港在住の中国系シンガポール人と結婚。2008年シンガポール国籍を取得、中国国籍を失う。

受賞
百花奨助演女優賞(第12回)〔1989年〕「代号美洲豹(ハイジャック)」;ベネチア国際映画祭女優賞(第49回)〔1992年〕「秋菊の物語」;金鶏奨主演女優賞〔1993年〕「秋菊の物語」;百花奨主演女優賞〔1993年〕「紅夢」;日本映画批評家大賞外国女優賞〔1993年〕「秋菊の物語」;ベルリン国際映画祭ベルリナーレ・カメラ賞(第43回)〔1993年〕;香港電影金像奨主演女優賞(第26回,2006年度)〔2007年〕「王妃の紋章」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コン リーの関連情報