コングロマリット型M&A(読み)こんぐろまりっとがたえむあんどえー(英語表記)Conglomerate Merger

M&A用語集の解説

コングロマリット型M&A

企業融合の方向性によるM&Aの分類のひとつ。同一業種の中で同じ段階の企業を統合し既存事業の強化を図る「水平型」、同一業種の中で異なる段階の企業を統合しサプライチェーンの効率化を図る「垂直型」に対し、他の業種の会社や事業を統合し、新規事業への進出を図るものである。さらに1.製品拡張型(生産する製品に関連がない一方で生産技術や流通経路に関連がある企業同士の統合)2.市場拡大型(同じ製品を別の市場で売っていた企業同士の統合)3.その他のコングロマリット型(製品、及び技術や流通経路ともに大きな関連がない企業同士の統合)に細分化される。

出典 株式会社ストライクM&A用語集について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android