コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンゴ内戦 こんごないせん

2件 の用語解説(コンゴ内戦の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

コンゴ内戦

1997年5月、反政府勢力コンゴザイール解放民主勢力連合(ADFL)のカビラ議長がモブツ政権を倒し、コンゴ民主共和国大統領に就任したが、翌98年8月には再度内戦になり、ジンバブエアンゴラナミビアが政府側に、ウガンダルワンダが反政府勢力に加担、派兵した。2001年1月、カビラが死亡し、同月26日、息子のジョセフ・カビラ少将が新大統領に就任、内戦の終結と早期の選挙実施を表明。これを受け、国連安保理は99年7月に結ばれた停戦合意(ルサカ合意)に基づき、約5500人から成る国連コンゴ民主共和国派遣団(MONUC)の派遣と外国軍及び国内武装勢力の前線からの撤退期限を01年3月15日と決議した。しかしルサカ合意は守られず、北部はウガンダの支援するコンゴ解放運動(MLC)、東部はルワンダの支援するコンゴ民主ラリー(RCD)が制圧、政府軍は3国の支援により、かろうじて南西部を守った。02年12月、ムベキ南アフリカ大統領の仲介により、和平が成立(プレトリア合意)、ルワンダ軍、ジンバブエ軍の撤兵が始まった。次いで、カビラはMLC、RCDとの連立内閣樹立にも合意、03年7月には暫定政府が正式に発足した。05年5月、大統領権限を制限する新憲法草案が議会で可決、12月には国民投票が行われ、賛成多数で新憲法は承認された。一方、北東部では依然としてルワンダ武装勢力による侵攻が続いている。

(林晃史 敬愛大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コンゴ内戦

30年あまり続いた独裁政権末期の96年、コンゴ東部を拠点に「コンゴ・ザイール解放民主連合」(ADFL)が蜂起し、内戦に突入。翌年、ADFLのカビラ議長が大統領になったが、ダイヤモンドや金、コバルトなど豊富な資源を狙う周辺国を巻き込んで戦火は拡大した。01年のカビラ大統領暗殺を受けて大統領職に就いた息子のジョゼフ・カビラ氏が和平を進め、翌年、内戦は終結。犠牲者は300万人を超すとされる。ジョゼフ氏は今年11月、大統領に当選した。

(2006-12-29 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンゴ内戦の関連キーワードコンゴ川ザイールダルフール危機コンゴエルネスト・チェ・ゲバラCIPEC反政府コンゴ大統領選コンゴの内戦国連スーダン派遣団

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンゴ内戦の関連情報