コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンゴ東部と紛争

1件 の用語解説(コンゴ東部と紛争の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コンゴ東部と紛争

コンゴ東部は、金、ダイヤモンドの他、携帯電話などに使われるレアメタルタンタルなどが豊富。反政府勢力が資金源として採掘し、世界中に出回っている。1994年にルワンダでフツ族がツチ族を100日間で80万人以上虐殺。日本は同年、ルワンダ難民救援のため自衛隊をゴマに派遣した。混乱はコンゴに飛び火。資源を狙う周辺国を巻き込み国際紛争に発展した。2003年に停戦合意したが、複数の反政府勢力が存在している。政府軍の腐敗もあり、地域によっては女性の7割が強姦(ごうかん)の犠牲になっているとも言われる。M23は、政府軍に組み入れられた別の反政府武装勢力から派生した組織。コンゴ政府高官の腐敗は深刻で、豊富な資源にもかかわらず大半の国民は極度の貧困下にある。給与が少ないため、政府軍兵士の士気は低く離反も相次いでいる。

(2012-11-24 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンゴ東部と紛争の関連キーワードダイヤモンドトロンダイヤモンド薄膜金剛光沢ダイヤモンド婚式カラットダイヤモンド黒いダイヤモンド週刊ダイヤモンドダイヤモンド ZAiDiamond money!レイディー・ダイヤモンド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone