コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンゴ東部と紛争

1件 の用語解説(コンゴ東部と紛争の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コンゴ東部と紛争

コンゴ東部は、金、ダイヤモンドの他、携帯電話などに使われるレアメタルタンタルなどが豊富。反政府勢力が資金源として採掘し、世界中に出回っている。1994年にルワンダでフツ族がツチ族を100日間で80万人以上虐殺。日本は同年、ルワンダ難民救援のため自衛隊をゴマに派遣した。混乱はコンゴに飛び火。資源を狙う周辺国を巻き込み国際紛争に発展した。2003年に停戦合意したが、複数の反政府勢力が存在している。政府軍の腐敗もあり、地域によっては女性の7割が強姦(ごうかん)の犠牲になっているとも言われる。M23は、政府軍に組み入れられた別の反政府武装勢力から派生した組織。コンゴ政府高官の腐敗は深刻で、豊富な資源にもかかわらず大半の国民は極度の貧困下にある。給与が少ないため、政府軍兵士の士気は低く離反も相次いでいる。

(2012-11-24 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone