コンスタモニトゥ修道院(読み)コンスタモニトゥシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

コンスタモニトゥ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【コンスタモニトゥ修道院】

Moni KonstamonitouΜονή Κωνσταμονίτου》ギリシャ北部、ハルキディキ半島にある東方正教会の聖地アトス山の修道院。10世紀か11世紀頃の創設とされる。東ローマ帝国やセルビアの寄進を受けて栄えたが、18世紀の火災で大きな被害を受けて衰退。19世紀にオスマン帝国の総督アリ=パシャの妻の支援で主聖堂が建造されて復興した。カスタモニトゥ修道院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android