コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタモニトゥ修道院 コンスタモニトゥシュウドウイン

1件 の用語解説(コンスタモニトゥ修道院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コンスタモニトゥ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【コンスタモニトゥ修道院】

Moni KonstamonitouΜονή Κωνσταμονίτου》ギリシャ北部、ハルキディキ半島にある東方正教会の聖地アトス山修道院。10世紀か11世紀頃の創設とされる。東ローマ帝国セルビアの寄進を受けて栄えたが、18世紀の火災で大きな被害を受けて衰退。19世紀にオスマン帝国の総督アリ=パシャの妻の支援で主聖堂が建造されて復興した。カスタモニトゥ修道院

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンスタモニトゥ修道院の関連キーワードアギウパブル修道院カスタモニトゥ修道院カラカルウ修道院シモノスペトラス修道院ゾグラフ修道院大メテオロン修道院パンドクラトロス修道院ヒランダリウ修道院フィロセウ修道院メタモルフォシス修道院

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone