コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチウス1世 コンスタンチウスいっせいConstantius I Chlorus; Aurelius Valerius Constantius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチウス1世
コンスタンチウスいっせい
Constantius I Chlorus; Aurelius Valerius Constantius

[生]250頃.イリュリクム
[没]306.7.25. エブラクム
ローマ皇帝 (在位 305~306) 。 Chlorusは「蒼白な」の意。ダルマチアの貧民の出。コンスタンチヌス1世 (大帝) の父。軍人として頭角を現し,ダルマチア総督となる。マクシミアヌス帝に認められ,289年コンスタンチヌスの母であったヘレナと離婚し,マクシミアヌスの娘テオドラの婿となり,293年副帝に任じられた。ガリア,ブリタニアを支配。カラウシスの乱を鎮圧 (296) 。国境安定に努め,フランク,サクソン,アラマンニなどを破り,各地の都市を再建した。質素な人柄で,性格も穏健であり,ディオクレチアヌス帝の発したキリスト教弾圧の勅令 (303) 以後も積極的な迫害は行わず,わずかに教会を破壊しただけである。 305年ディオクレチアヌス,マクシミアヌス両正帝の退位後,西方の正帝となるが,翌年病死。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンスタンチウス1世の関連キーワードコンスタンチヌス1世(大帝)カラウシウスセウェルス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android