コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチウス1世 コンスタンチウスいっせいConstantius I Chlorus; Aurelius Valerius Constantius

1件 の用語解説(コンスタンチウス1世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチウス1世
コンスタンチウスいっせい
Constantius I Chlorus; Aurelius Valerius Constantius

[生]250頃.イリュリクム
[没]306.7.25. エブラクム
ローマ皇帝 (在位 305~306) 。 Chlorusは「蒼白な」の意。ダルマチアの貧民の出。コンスタンチヌス1世 (大帝) の父。軍人として頭角を現し,ダルマチア総督となる。マクシミアヌス帝に認められ,289年コンスタンチヌスの母であったヘレナと離婚し,マクシミアヌスの娘テオドラの婿となり,293年副帝に任じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンスタンチウス1世の関連キーワードナウキャストいなべ(市)バナー広告公訴時効敷布造血薬超高速鉄道私立小中の授業料補助2E3E

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone