コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌス2世 コンスタンチヌスにせいConstantinus II; Flavius Claudius Constantinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス2世
コンスタンチヌスにせい
Constantinus II; Flavius Claudius Constantinus

[生]317.2. アレラテ
[没]340. アキレイア
ローマ皇帝 (在位 337~340) 。コンスタンチヌス1世 (大帝) の次男。生後すぐ副帝となる。西方帝としてガリア,ブリタニア,ヒスパニアを支配。弟のコンスタンスを攻めイタリアに侵入したがアキレイアで敗死した。

コンスタンチヌス2世
コンスタンチヌスにせい
Constantinus II

[生]?
[没]?. ローマ?
8世紀の対立教皇在位 767~768)。元兵士。教皇パウルス1世(在位 757~767)の死後,兄であるネピ司教区のトート公に擁立され,767年7月に教皇に選出された。公証人グループの強力な指導者,クリストフォルスが率いた反コンスタンチヌス2世勢力は,ランゴバルド王国(→ランゴバルド族)へ逃亡した。しかしコンスタンチヌス2世はフランク王ピピン(在位 751~768)から支持を得られず,768年にランゴバルド軍により廃位された。修道院に幽閉され,暴行を受けて失明した。のちにイタリアとフランスの司教会議で廃位が承認された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンスタンチヌス2世の関連キーワードステファヌス3世(4世)フィリップスブリタニアヒスパニアサラミスガリア

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android