コンスタンティウス[1世](英語表記)Constantius I,Flavius Valerius

世界大百科事典 第2版の解説

コンスタンティウス[1世]【Constantius I,Flavius Valerius】

250ころ‐306
ローマ皇帝。在位,副帝293‐305年,正帝305‐306年。コンスタンティウス・クロルスとも呼ばれる。イリュリクム出身の軍人。ディオクレティアヌスに抜擢(ばつてき)され,テトラルキア(四分治制)の一員たる西方副帝としてガリアブリタニアを統治。正帝マクシミアヌスの援助をえてガリアに独立王国をたてていたカラウシウス,アレクトゥスを倒し,さらにブリタニアの諸部族をも制圧した。穏和寛大な統治を行い,303年のキリスト教徒大迫害に際しても教会を破壊したのみで積極的な迫害は行わなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコンスタンティウス[1世]の言及

【コンスタンティヌス[1世]】より

…モエシア(今のブルガリア)のナイッススの生れ。父はコンスタンティウス1世,母はヘレナ。父が副帝としてブリタニア,ガリアを支配しているときには正帝ディオクレティアヌスの宮廷におかれた。…

※「コンスタンティウス[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android