コンスタンティウス(2世)(読み)こんすたんてぃうす(英語表記)Flavius Julius Constantius Ⅱ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンスタンティウス(2世)
こんすたんてぃうす
Flavius Julius Constantius Ⅱ
(317―361)

ローマ皇帝(在位337~361)。コンスタンティヌス大帝の三男。父帝の死後、次兄コンスタンティヌス2世、弟コンスタンスと帝国を三分して東方諸州を統治。338年以後対ペルシア戦に忙殺されていた間に、西方では次兄が弟と対立して倒れ(340)、残った弟も350年簒奪(さんだつ)帝マグネンティウスMagnentiusに倒されたので、以後単独皇帝となった。351年ムルサMursaの戦いでマグネンティウスを破り、2年後ガリアでこれを討った。355年従弟(いとこ)ユリアヌスを副帝に任じ、ガリア統治を託したが、360年ユリアヌスがパリで正帝位に擁立されると翌年その討伐のため西征し、途上キリキアで病没神学に深い関心を寄せ、アタナシウスと対立してアリウス派に加担した。教会内の統一に腐心したが、失敗に終わった。

[後藤篤子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android