コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンソール・テーブル console table

翻訳|console table

世界大百科事典 第2版の解説

コンソール・テーブル【console table】

18世紀の上流階級オテルやカントリー・ハウスで,大広間の壁面に取り付けられた装飾用のテーブル。甲板大理石が用いられ,その上に肖像彫刻置時計または花瓶などがのせられて,壁面装飾のアクセントの役割を果たした。とくにロココ時代には大型の壁鏡の下に備えられて室内装飾の効果を高めた。コンソール・テーブルは,一般的には後脚がなく前脚2本で甲板を支えるのが普通の形式であるが,ときには貫(ぬき)で互いに連結した四脚式の形式もみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンソール・テーブルの関連キーワードコンソール・テーブル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android