コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンテキストスイッチ こんてきすとすいっち

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンテキストスイッチ

Windowsをはじめとする近年のOSは、複数のアプリケーションなどを同時に実行する「マルチタスク(マルチ処理)」を実現している。この場合、ある処理からある処理に移行する場合、CPUの状態(コンテキスト)を保存して、さらには復元することが不可欠になる。これがもともとの「コンテキストスイッチ」と呼ばれる処理である。仮想化においては、同様に、OSの切り替えに際してコンテキストスイッチが必要となる。インテルVT、AMD-Vは、このコンテキストスイッチの一部をハードウェアで処理することで高速化を実現した、仮想化支援機構である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

コンテキストスイッチの関連キーワードコンテクストスイッチ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android