コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンテキストスイッチ こんてきすとすいっち

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンテキストスイッチ

Windowsをはじめとする近年のOSは、複数のアプリケーションなどを同時に実行する「マルチタスク(マルチ処理)」を実現している。この場合、ある処理からある処理に移行する場合、CPUの状態(コンテキスト)を保存して、さらには復元することが不可欠になる。これがもともとの「コンテキストスイッチ」と呼ばれる処理である。仮想化においては、同様に、OSの切り替えに際してコンテキストスイッチが必要となる。インテルVT、AMD-Vは、このコンテキストスイッチの一部をハードウェアで処理することで高速化を実現した、仮想化支援機構である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android