コンテキストセンシティブ・ヘルプ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンテキストセンシティブ・ヘルプ

ユーザーが現在操作している場面に応じたオンラインヘルプを表示する機能、またはこのとき表示されるヘルプメッセージ。たとえば、ユーザーが印刷用のダイアログボックスを操作しているときにヘルプが参照されたら、オンラインヘルプの中の印刷ダイアログに関連するページがヘルプメッセージとして表示される。 WindowsやWindows NTなどのMicrosoft製OSでは、F1キーがこのためのホットキーに割り当てられている。このためユーザーは、アプリケーションを使用していて操作が分からなくなったら、F1キーを押すことで、その状況に合ったヘルプメッセージを表示できる。ただし、コンテキストセンシティブ・ヘルプをサポートするには、プログラムにそのためのコードを追加しなければならない。主要なアプリケーションのほとんどはこの機能を提供しているが、すべてというわけではない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android