コンテキストセンシティブ・ヘルプ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンテキストセンシティブ・ヘルプ

ユーザーが現在操作している場面に応じたオンラインヘルプを表示する機能、またはこのとき表示されるヘルプメッセージ。たとえば、ユーザーが印刷用のダイアログボックスを操作しているときにヘルプが参照されたら、オンラインヘルプの中の印刷ダイアログに関連するページがヘルプメッセージとして表示される。 WindowsやWindows NTなどのMicrosoft製OSでは、F1キーがこのためのホットキーに割り当てられている。このためユーザーは、アプリケーションを使用していて操作が分からなくなったら、F1キーを押すことで、その状況に合ったヘルプメッセージを表示できる。ただし、コンテキストセンシティブ・ヘルプをサポートするには、プログラムにそのためのコードを追加しなければならない。主要なアプリケーションのほとんどはこの機能を提供しているが、すべてというわけではない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android