コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンテナ・フレート・ステーション container freight station

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンテナ・フレート・ステーション
container freight station

国内輸送のトラックはしけ,鉄道などで運ばれる貨物をまとめ,コンテナに詰めたり,コンテナから取出した貨物を国内輸送機関に引渡すなどの作業をする場所。流通網の拠点になるところに造られ,単にフレート・ステーションとも呼ばれている。これによって,物資の輸送の合理化,効率化がはかられる。なおコンテナ詰については,内陸部で作業してトラック輸送するケースが増加している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android