コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コントラクト・ウエアハウス contract warehouse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コントラクト・ウエアハウス
contract warehouse

直訳すれば「契約倉庫」で,従来の自社倉庫による1社配送という非効率的な物流を改善するために考え出された新しい経営形態。食品,家庭用品,化粧品など互いに競合しない異業種メーカー委託を受け,運輸業者と倉庫業者などが協業して商品の保管,配送業務を行なう。受注や配送情報もコンピュータを用いて管理し,効率的な物流を促進する。アメリカが最も盛んで,1社のコントラクト・ウエアハウスは通常 20~30社のメーカーからの委託を受けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android