コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンピューターセキュリティ こんぴゅーたーせきゅりてぃ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンピューターセキュリティ

コンピューターのシステムを安全に利用するための運用方法。ハードウェア的には、無停電電源装置(UPS)などでシステムの安定を保つことなどを指し、ソフトウェア的には、データの破損や漏えいなどを防止することを指す。データの漏えい防止には、ユーザーIDやパスワードで制限したり、ファイアウォールによってインターネットの接続を制限したりする。Windows XPのService Pack 2ではセキュリティ機能が強化されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のコンピューターセキュリティの言及

【情報セキュリティ】より

…情報セキュリティとは,コンピューターで使われている情報(データ),あるいはコンピューター間で通信される情報を守ることをいう。 コンピューターセキュリティというとき,ハードウェアを守るような物理的意味も含み,かつ自然災害といったあらゆるハザード(災害)からコンピューターを守るといった意味まで含む場合がある。一方,情報セキュリティというとき,通常は非物理的な形で情報を守るという範囲に狭められている場合が多い。…

※「コンピューターセキュリティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンピューターセキュリティの関連キーワードソーシャルエンジニアリングセキュリティーベンダーセキュリティーポリシーサンドボックスモデルscavengingセキュリティーパッチデータセキュリティー不正アクセス禁止法JPCERTCC情報セキュリティセキュアOSDEFCONSECCONマカフィーCTFCIA

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンピューターセキュリティの関連情報