コンピューター断層撮影装置(読み)コンピューターだんそうさつえいそうち

大辞林 第三版の解説

コンピューターだんそうさつえいそうち【コンピューター断層撮影装置】

X 線装置とコンピューターを組み合わせた医療機器。 X 線を360度回転しながら照射して人体の横断面を撮影、各方向からの像をコンピューターで処理して、その平面の画像を得る。 X 線のほか、粒子線・超音波などを用いたものもある。イギリスのハウンズフィールド(G. N. Hounsfield 1919~2004)、アメリカのコーマック(A. M. Cormack 1924~1998)が開発。 CT 。 CT スキャナー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンピューター断層撮影装置の関連情報