コンプソグナサス(英語表記)Compsognathus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンプソグナサス
Compsognathus

ジュラ紀後期のヨーロッパに生息していた爬虫類竜盤目に属する小型恐竜。コンプソグナタスともいう。体長 60~90cmの,いまのネコほどの肉食動物。2本の強い後肢に支えられて,体は軽快でほっそりとしており,スピードを出すことができた。前肢は物を握るのに適している。手には鋭い爪のついた 3本の指があり,足にも爪のついた指が 4本あるが,大地に接していたのはそのうちの 3本である。この化石は始祖鳥と同じ地層から発見されている。1972年にフランスのニース近郊の石灰石採掘所で発見されたコンプソグナサス・コラレストリスは保存のよい標本で,鳥に似た恐竜である。これは岸から離れた礁にすみ,魚や爬虫類を食べていた。歩くことも走ることも,おそらく泳ぐことももぐることもできたらしい。中空の骨をもつなど鳥的性質をもつが,毛羽をもたない。爬虫類から鳥類への進化を示唆する一例とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android