コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンプトン・バーネット Ivy Compton‐Burnett

1件 の用語解説(コンプトン・バーネットの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コンプトン・バーネット【Ivy Compton‐Burnett】

1892‐1969
イギリスの女流小説家。ロンドンに生まれ,父は有名な医師で,母は後妻,姉妹の心中まであった陰惨な家庭に育った。ロンドン大学で古典学を専攻。処女作《ドローレス》(1911)の後14年たって出た第2作《師と主たち》(1925)で初めて注目され,《夫と妻》(1931),《息子と娘》(1937),《召使と女中》(1947)などでその地位を確立し,その後も70歳過ぎまで作品を発表し続けた。彼女の作品はすべて19世紀末から20世紀初頭までのいわゆるエドワード時代の中流・上層階級の家庭生活に材を取り,圧制的な家長の支配欲,悪意が家族の間にひき起こす殺人,姦通,盗みなどの罪と悪が,特定の場所も主人公の顔形も定かならぬまま,ひたすら才気に満ちた会話で喜劇的に語られ,その底にはすさまじいほどの痛みと恐怖がひそめられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

コンプトン・バーネットの関連キーワード東京ヴェルディ文化勲章由紀さおりビリーバンバン杉田二郎志垣太郎ニッサンフェアレディZ432 PS30型怪物くんATGプロヴォーク

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone