コンプトン・バーネット(英語表記)Ivy Compton‐Burnett

世界大百科事典 第2版の解説

コンプトン・バーネット【Ivy Compton‐Burnett】

1892‐1969
イギリスの女流小説家。ロンドンに生まれ,父は有名な医師で,母は後妻,姉妹の心中まであった陰惨な家庭に育った。ロンドン大学で古典学を専攻。処女作《ドローレス》(1911)の後14年たって出た第2作《師と主たち》(1925)で初めて注目され,《夫と妻》(1931),《息子と娘》(1937),《召使女中》(1947)などでその地位を確立し,その後も70歳過ぎまで作品を発表し続けた。彼女の作品はすべて19世紀末から20世紀初頭までのいわゆるエドワード時代の中流・上層階級の家庭生活に材を取り,圧制的な家長の支配欲,悪意が家族の間にひき起こす殺人,姦通,盗みなどの罪と悪が,特定の場所も主人公の顔形も定かならぬまま,ひたすら才気に満ちた会話で喜劇的に語られ,その底にはすさまじいほどの痛みと恐怖がひそめられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android