コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンベヤ秤 コンベヤばかり conveyer scale

1件 の用語解説(コンベヤ秤の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コンベヤばかり【コンベヤ秤 conveyer scale】

コンベヤスケールともいう。ベルトコンベヤの輸送中の粒体,塊体などの各種原料を連続的に計量し輸送総質量を求める自動ばかりの一種。ベルトコンベヤのベルトを支えるローラーの1~数個をコンベヤフレームより切り離し,はかりの載せ台にあたる浮台に取り付け,ベルト上の原料などが浮台に及ぼす力をてこばかりやロードセルで検出し,総質量は検出力を浮台にかかるベルトの長さごとに加算する算術方式,あるいは検出力をベルトの速度について逐次積分する積分方式により求める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンベヤ秤の関連キーワード日本コンベヤコンベアーコンベヤーコンベヤーシステム螺子コンベヤーベルトコンベヤーベルトコンベアーリボンベルト流動床乾燥機マルヤス機械

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone