コンペイトー

  • 金平糖タウ・金米糖タウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (confeito 金平糖・金米糖はあて字)
① 南蛮(なんばん)菓子の一つ。飴の小核を芯にして、まわりに糖蜜をまぶし、加熱しながら攪拌してつくる、小粒の菓子。周囲に角状の突起があるが、これは加熱・攪拌の際に自然にできる。古くは、芥子粒(けしつぶ)や胡麻を芯に用いた。コンペイ。
※太閤記(1625)或問「上戸には、ちんた、ぶだう酒〈略〉下戸には、かすていら、ぼうる、かるめひる、あるへい糖、こんへい糖など」
② タマキビガイ科の巻き貝。紀伊半島以南の岩礁の潮上帯に分布する。殻は円錐形で、殻高約一・五センチメートル。殻は淡い肉色で、殻表全面に先端のとがった白い顆粒(かりゅう)列がある。
③ ダンゴウオ科の海産魚。全長約一〇センチメートル。体は丸く、全身に大小のいぼ状突起がある。体色は変異に富むが淡紅色のものが多い。ふだんは水深八〇~一五〇メートル付近に住むが、産卵期には岸近くの浅海域に移動する。日本海、北海道太平洋岸、オホーツク海からアラスカ湾に分布。
[語誌]①の日本への舶来は、永祿一二年(一五六九)に、ポルトガルの宣教師ルイス=フロイスが織田信長に贈った〔耶蘇会士日本通信‐一五六九年六月一日〕のが、最初とされている。元祿頃(一六八八‐一七〇四)には大坂で作られていたが、江戸に製法が伝わったのは文政頃(一八一八‐三〇)。江戸中期には大名の茶菓子であったが、明治時代には、高級菓子として一般家庭の来客用、贈答品などに用いられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android