コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コ・ピョンサム(高炳三) コ・ピョンサム Ko Pyǒngsam

1件 の用語解説(コ・ピョンサム(高炳三)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コ・ピョンサム(高炳三)
コ・ピョンサム
Ko Pyǒngsam

[生]1931.5.9.
北朝鮮の作家。 1945年の解放以後に作家として登場。朝鮮戦争後の平壌再建にまつわる金日成の指導を作品化した代表作『澄んだ朝』 (1967) は現代朝鮮文学の傑作の一つに数えられている。短編『義兄弟』 (68) ,『平壌は歌う』 (76) のほか,日本の植民地支配に反対する抗日武装闘争を描いた長編『鉄鎖を断て』 (第1部 75発表) などがあり,現代朝鮮文学の旗手の一人と目されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コ・ピョンサム(高炳三)の関連キーワード北朝鮮WATCHCON延白平野北朝鮮の弾道ミサイルノドン北朝鮮のミサイル発射凍結北朝鮮の弾道ミサイルの射程北朝鮮の残留邦人北朝鮮の鉱物資源北朝鮮制裁決議をめぐる専門家パネル北朝鮮と朝鮮総連

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone