コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コ・ピョンサム(高炳三) コ・ピョンサムKo Pyǒngsam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コ・ピョンサム(高炳三)
コ・ピョンサム
Ko Pyǒngsam

[生]1931.5.9.
北朝鮮の作家。 1945年の解放以後に作家として登場。朝鮮戦争後の平壌再建にまつわる金日成の指導を作品化した代表作『澄んだ朝』 (1967) は現代朝鮮文学の傑作の一つに数えられている。短編『義兄弟』 (68) ,『平壌は歌う』 (76) のほか,日本の植民地支配に反対する抗日武装闘争を描いた長編『鉄鎖を断て』 (第1部 75発表) などがあり,現代朝鮮文学の旗手の一人と目されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コ・ピョンサム(高炳三)の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android