コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーディネーショントレーニング(運動)

1件 の用語解説(コーディネーショントレーニング(運動)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コーディネーショントレーニング(運動)

東ドイツで一線級の選手強化用に開発され、欧米に広がった。05年発足のNPO法人日本コーディネーショントレーニング協会(JACOT、東京)が一般向けの普及をめざして理論を確立。多様な動作により脳と神経回路を刺激することで、自分の体をうまく動かす総合的な能力を身につける。特に11歳ごろまでの発達期が有効とされるが、高齢者や障害者にも適しているという。サッカー日本代表の岡崎慎司選手も経験者。

(2011-06-14 朝日新聞 朝刊 長野全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーディネーショントレーニング(運動)の関連キーワードウルブリヒトドイツ民主共和国東ドイツドイツ基本法イエーガー再開発ドイツ鯉生殺しケーエフダブリュー統一ドイツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone