コード変換器(読み)コードへんかんき(英語表記)code converter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コード変換器
コードへんかんき
code converter

符号変換器。多数の入力端子と出力端子とを備え,入力端子のある組合せ信号が与えられたときに,その組合せに対応する特定の組合せの出力端子に信号を出力する回路で,あらかじめ設定された法則に従って入力の符号を別の符号に変換する。コンピュータのデジタル回路に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android