コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コード変換器 コードへんかんきcode converter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コード変換器
コードへんかんき
code converter

符号変換器。多数の入力端子と出力端子とを備え,入力端子のある組合せ信号が与えられたときに,その組合せに対応する特定の組合せの出力端子に信号を出力する回路で,あらかじめ設定された法則に従って入力の符号を別の符号に変換する。コンピュータのデジタル回路に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コード変換器の関連キーワードROM

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android