コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーパス(corpus)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コーパス(corpus)

原義は「身体、(文献などの)全集」。実際に書かれたり、話されたりした文章を言語活動の実態に沿ってバランス良く集め、分類した大量の資料。各国で、国の支援を受け構築が進んでいる。韓国では、国立国語院を中心に約1億語の「世宗コーパス」が07年に完成予定。中国語には10億語規模のものがあるが、出典が台湾と中国の新聞記事に限られており、質も含めた世界一はBNCと言われている。

(2006-03-01 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

コーパス(corpus)の関連キーワードトムソン(Sir Joseph John Thomson)British National Corpusフッカー(Richard Hooker)ジョージ・パジェット トムソンテレビコーパス100!で英会話ジェフリー ジョーンズデービッド ミリバンド人身保護法(イギリス)コーパス・クリスティイアン ボストリッジコーパス・クリスティヘビアス・コーパス人身保護法(日本)コーパスクリスティD.L. ハミックロリー シンガーアイルランド反乱コーパス言語学キース トマス人身保護令

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android