コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーパス(corpus)

1件 の用語解説(コーパス(corpus)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コーパス(corpus)

原義は「身体、(文献などの)全集」。実際に書かれたり、話されたりした文章を言語活動の実態に沿ってバランス良く集め、分類した大量の資料。各国で、国の支援を受け構築が進んでいる。韓国では、国立国語院を中心に約1億語の「世宗コーパス」が07年に完成予定。中国語には10億語規模のものがあるが、出典が台湾と中国新聞記事に限られており、質も含めた世界一BNCと言われている。

(2006-03-01 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーパス(corpus)の関連キーワード原義原姿参考文献全書典拠博捜マター

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone