コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールド・チェーン cold chain

1件 の用語解説(コールド・チェーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コールド・チェーン【cold chain】

外温のもとでは品質の変化しやすい生鮮食品冷凍食品医薬品などを,生産から消費まで一貫して低温の状態で流通させる仕組み(低温流通機構)をいう。すでに前2500年ころ,エジプトでは水の蒸発作用を利用して物資を保存しはじめているが,低温での貯蔵・輸送機能を組み合わせコールド・チェーンの歴史は比較的新しく,19世紀末の冷凍機完成以降のこととなる。オーストラリアの牛肉が低温運搬船によってヨーロッパへ輸送され,アメリカにおいては,西海岸青果物東海岸へ低温輸送されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コールド・チェーンの関連キーワード加工食品生鮮食品汽水品持ち生鮮食料品低温火傷コアコア指数コア指数易動性タンパク質最大氷結晶生成帯

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コールド・チェーンの関連情報