コールブリュッゲ(英語表記)Kohlbrügge, Hermann Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コールブリュッゲ
Kohlbrügge, Hermann Friedrich

[生]1803.8.15.
[没]1875.3.5.
オランダのプロテスタント改革派教会牧師。ユトレヒトおよびアムステルダムに学んで,改革派神学特にカルバン,オレビアヌスの影響を受ける。エルバーフェルトのオランダ改革派教会の牧師に選ばれ (1845) ,終生そこにとどまった。聖書に基づく恩恵の客観性と義認信仰の妥当性を主張。その中心思想は,神の自由な恵みによる救いという点にある。これは病気による第2回の回心後に把握したといわれる。当時オランダのカルバン主義の代表者と目された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android