コール・レート(読み)コールレート

百科事典マイペディアの解説

コール・レート

コールの金利。コールの特色は短期,低利,大口ということで,コール・レートは公定歩合よりも低いのが原則である。コールは金融機関の遊休資金の一時的運用であるから,コール・ローンの増減はそのときの金融の繁閑を如実に示しており,コール・レートは鋭敏にそれを反映する。また,日本銀行は,無担保コール取引の翌日物のコール・レートを金融調節の対象として働きかけ,市場の金利全体に影響を与えている。
→関連項目市中金利

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android