ゴッツィ(読み)ごっつぃ(英語表記)Gasparo Gozzi

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴッツィ(Gasparo Gozzi)
ごっつぃ
Gasparo Gozzi
(1713―1786)

イタリアの批評家、劇作家。カルロ・ゴッツィの兄。モラリスト風の評論『説教集』(1763)、イタリア散文の範とされる『書簡集』(1750)および『ダンテ擁護』(1758)で著名。演劇に興味を示し、ギリシア悲劇およびほぼすべてのモリエール劇の翻訳上演を手がける。同時代の演劇については自身創設の新聞に良識ある劇評を書き、ゴルドーニを高く評価し、弟カルロの寓話(ぐうわ)劇には懐疑的態度をとった。[里居正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android