コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴボーニ Govoni, Corrado

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴボーニ
Govoni, Corrado

[生]1884
[没]1965
イタリアの詩人,小説家。「たそがれ派」および「未来主義」の運動に加わった。主著は詩集『魔法の笛』 Il flauto magico (1932) ,小説『楽園の崩壊』 Le rovine del paradiso (41) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴボーニ
ごぼーに
Corrado Govoni
(1884―1965)

イタリアの詩人、小説家。フェッラーラ近郊の農村に生まれ、牧歌的な処女詩集『ガラスびん』(1903)で世に出た。初め「黄昏(たそがれ)派」の詩人として『灰色のハーモニー』(1903)など感傷的な詩編を発表したが、マリネッティの未来派運動に加わってから、機械と力動を賛美した『エレクトリック詩集』(1911)その他の作品を発表。さらに『春の幕開け』(1915)ごろから未来派の力動主義から脱却し、従来の牧歌調の詩風に戻り、これを新しいリリシズムに高めて『魔法の笛』(1932)などを発表した。小説に、田園生活の悲哀を散文詩風に回顧した『夢と星のノート』(1924)、『春の驚異』(1958)などがある。[河島英昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゴボーニの関連キーワードクレプスコラーリマリネッティ河島英昭黄昏派未来派

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android