コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴマギ(胡麻木) ゴマギViburnum sieboldii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴマギ(胡麻木)
ゴマギ
Viburnum sieboldii

スイカズラ科の落葉低木。本州,四国,九州の山地に生じる。高さ2~5mで,若枝には星状毛がある。葉は対生し,有柄で長さ8~15cmの倒卵形ないしは長楕円形,縁に鋸歯がある。表面は光沢があり,裏面の脈には白毛が生えている。葉をもんで嗅ぐとゴマに似た匂いがするのでこの和名がある。5月頃,枝の先に散房状の花序をつけ,多数の細かな白い花をつける。果実は球形の液果で赤く熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゴマギ(胡麻木)の関連キーワードスイカズラ科

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android