コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴマクサ(胡麻草) ゴマクサCentranthera cochinchinensis (Lour.) Merr.ssp.lutea (Hara) Yamazaki

世界大百科事典 第2版の解説

ゴマクサ【ゴマクサ(胡麻草) Centranthera cochinchinensis (Lour.) Merr.ssp.lutea (Hara) Yamazaki】

暖地の低層湿原に生えるゴマノハグサ科一年草(イラスト)。和名は全体が毛でおおわれ,花と多数の種子をだす果実の形がゴマを思わせることによる。茎は直立し,ほとんど分枝せず,高さ10~60cm,全体に堅い白毛がある。葉は厚く対生し,狭披針形または広針形。夏,筒形で先が円い5片に分かれる黄色の花を開く。花冠は長さ2cm,裂片は上側2片と下側3片とに分かれ,やや唇形である。萼は先のとがる筒形で,腹面が深く裂ける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ゴマクサ(胡麻草)の関連キーワード暖地

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android