コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴマノハグサ(胡麻の葉草) ゴマノハグサScrophularia buergeriana; figwort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴマノハグサ(胡麻の葉草)
ゴマノハグサ
Scrophularia buergeriana; figwort

ゴマノハグサ科の多年草。アジア東部の温帯に広く分布し,日本では本州と九州の山野に自生する。茎は4稜があって直立し高さ 1mに達する。は対生し長さ5~10cmの長卵形で,先はとがり縁に鋸歯がある。夏,茎頂に細長い円錐花序をつくり淡黄色の小花を多数つける。花冠下側がふくらんだ壺状で長さ6~7mmあり,開口部は小さい。和名は葉の形がゴマの葉に似ていることによる。根を乾かしたものを生薬で玄参 (げんじん) といい解熱消炎の作用がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴマノハグサ(胡麻の葉草)の関連キーワードゴマノハグサ科

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android