コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴムメタル ごむめたるrubber‐like metals

1件 の用語解説(ゴムメタルの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ゴムメタル

力を加えて変形しても、力を取り除くと元の形に戻るゴムのような金属。チタンタンタルニオブなどを主成分とし、一般の金属より約1桁大きい弾性変形能(2.5%)を持ち、超弾性的性質や室温で99.9%加工が可能な超塑性的性質などを併せ持つ。ゴムメタルは、しなやかさと強さという相反する特性を併せ持つため、眼鏡フレーム、人工骨、機械部品のネジやスプリングにも利用され、その応用分野が広がっている。

(岡田益男 東北大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴムメタルの関連情報