ゴヨウイチゴ(五葉苺)(読み)ゴヨウイチゴ(英語表記)Rubus ikenoensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴヨウイチゴ(五葉苺)
ゴヨウイチゴ
Rubus ikenoensis

バラ科の落葉つる性木本。本州中北部の亜高山帯に分布する。茎は初め草質で直立しているが,やがて倒れて横に長くはい,全体に針状の細いとげがある。葉は長い柄があってまばらに互生し,葉身が鳥足状に分裂した5小葉からなるので,この名がある。小葉は柄がなく,菱形先端が急にとがり基部楔形,縁には重鋸歯があり,質は薄い。7月頃,枝の先に細い柄を出して1~2個の花を下向きに開く。萼筒 (→ ) は皿状で細いとげと腺毛があり,萼片は5枚で先端が3裂することが多い。花弁は退化し,しばしばない。おしべは多数。果実は紅熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android