コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴヨウマツ(五葉松) ゴヨウマツ Japanese white pine

1件 の用語解説(ゴヨウマツ(五葉松)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゴヨウマツ【ゴヨウマツ(五葉松) Japanese white pine】

尾根筋や山腹にみられるマツ科の高木性五葉松類の1種で,マツ類の盆栽の中では最も多いものである。高さ30mに達し,太枝を水平に張る。幹の樹皮は赤褐色うろこ状にはげる。針葉は長さ2~6cmで質がやや軟らかい。6月新枝(みどり)の基部に紫紅色の雄花を多数つけ,先端に2~3個の淡緑色または紫紅色の雌球花をつける。翌秋卵状長楕円形で長さ4~10cmの球果が熟し,開いて各種鱗から上に翼のある種子2個ずつを散らす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のゴヨウマツ(五葉松)の言及

【厚沢部[町]】より

…天正年間(1573‐92)以降俄虫(がむし),目名,安野呂(あんのろ),赤沼,土橋の村落が順次開け,江戸時代はヒノキの中心産地であった。鶉(うずら)川上流のゴヨウマツ自生地は,日本海側の自生北限地として天然記念物に指定されている。道指定の史跡館城跡は,厚沢部川中流部の高台にあり,五稜郭の戦の古戦場で,松前城を退いてここに拠った松前藩軍は榎本武揚軍の攻撃に敗走し,その陣屋は焼き払われた。…

【マツ(松)】より

…風景樹,庭園樹としての役割の大きい種もあり,多行(たぎよう)や枝垂れ(しだれ),針葉の斑入りやねじれ,球果の千成り(せんなり)などによって多数の園芸品種が知られている。ゴヨウマツなどは盆栽としても賞用される。
[おもな樹種]
 (1)五葉松類 日本にはゴヨウマツ(イラスト),ハイマツ(イラスト)のほか2種がある。…

※「ゴヨウマツ(五葉松)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴヨウマツ(五葉松)の関連キーワード黒松五葉五葉松樹脂道大王松朝鮮五葉椴松茅戸琉球松火山地溝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone