コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴリツィン Golitsyn, Boris Alekseevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴリツィン
Golitsyn, Boris Alekseevich

[生]1654.7.30.
[没]1714.11.8.
ロシアの貴族,政治家。リトアニア (リトワ) 大公ゲディミナスの後裔と称する名門の出身。摂政ソフィヤ・アレクセーブナの反対派であったが,能力を認められて 1683~1713年カザン地方省長官に抜擢された。 1689年反ソフィヤ・クーデターに参加,ピョートル1世 (大帝) の親政時代を切開き,その功で貴族に列せられた。以後,ピョートルの主要な事業にはたいていたずさわり,帝の西ヨーロッパ旅行中は執政官の一員としてモスクワにとどまった。しかし 1705年アストラハンの反乱によってカザン行政の腐敗を明るみに出され,帝の信頼を失った。

ゴリツィン
Golitsyn, Dmitrii Mikhailovich

[生]1665.6.13.
[没]1737.4.25. ペテルブルグ
ロシアの貴族,政治家。北方戦争にポーランド外人補助部隊司令官として従軍,キエフ総督を経て,1718年元老院議員となり,同時に 22年まで大蔵局 (カメル・コレギヤ) 総裁を兼ねた。シャフィーロフ不興事件に巻込まれ一時官職を剥奪され,エカテリーナ1世の仲裁で復権したが,A.D.メンシコフ公の失脚 (1727) まで背後に退いていた。ピョートル2世のとき貴族寡頭政理論をかざして大貴族間に隠然たる勢力を築き上げ,帝の死後最高枢密院議長として帝権を枢密院に従属させる制限「条件」を起草,新帝アンナ・イワーノブナに署名を強要した。即位後「条件」を破棄した女帝はなおもこの件を忘れず,36年彼の女婿カンテミール公の陰謀事件の際,政界を引退していた彼にも嫌疑をかけて逮捕,領地を没収してシリュッセリブルグ要塞監獄に監禁した。

ゴリツィン
Golitsyn, Vasilii Vasil'evich

[生]1643
[没]1714.5.2. アルハンゲリスク
ロシアの政治家。公爵。ソフィヤ・アレクセーブナの寵臣として,1689年にピョートル1世 (大帝) が彼女を倒して実権を握るまで,国政を牛耳った。 87年と 89年の2回にわたって,クリム・ハン国の遠征を指揮したが,ピョートルのクーデター後,アルハンゲリスクに流され,そこで没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゴリツィンの関連キーワードソフィア・アレクセーエブナイワン5世リトアニアマゼーパゴードンマゼパ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴリツィンの関連情報