ゴルテュナ(英語表記)Gortyna; Gortyn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルテュナ
Gortyna; Gortyn

クレタ島の中央南部の古代ギリシアの都市。ゴルチュナとも表記される。住民はドーリス人。東西をつなぐ要港を支配する都市として発展。クレタ島がローマの属州となってからも,その州都となり,ビザンチン時代まで繁栄した。前5世紀中頃の有名なゴルテュン法は財産,家族,債務などに関して規定しているが,司法概念はかなり進んでおり,奴隷の地位の高いことなど特異な内容を含み,ヘレニズム期以前のギリシア法として法制史のみならず社会経済史上重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android