コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルディアヌス[3世] Gordianus III,Marcus Antonius

1件 の用語解説(ゴルディアヌス[3世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゴルディアヌス[3世]【Gordianus III,Marcus Antonius】

225‐244
ローマ皇帝。在位238‐244年。ゴルディアヌス1世の娘マエキア・ファウスティナの息子。バルビヌスとプピエヌス両帝暗殺後,親衛隊により皇帝に迎えられた。政務は初め母の手中に,241年以後は義父で親衛隊長官のティメシテウスの手中にあった。242年にペルシアを破った。ティメシテウスの死後フィリップス・アラブスを親衛隊長官に任命したが,まもなくフィリップスは帝位を望むようになり,ゴルディアヌスは殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴルディアヌス[3世]の関連キーワードウェスパシアヌスジギスムントデキウスローマ法大全北陸新幹線北海道新幹線テオドシウスネルワアントニヌスピウスオンキャンパス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone