ゴルディアヌス[3世](英語表記)Gordianus III,Marcus Antonius

  • 3世
  • ゴルディアヌス

世界大百科事典 第2版の解説

225‐244
ローマ皇帝。在位238‐244年。ゴルディアヌス1世の娘マエキア・ファウスティナの息子。バルビヌスとプピエヌス両帝暗殺後,親衛隊により皇帝に迎えられた。政務は初め母の手中に,241年以後は義父で親衛隊長官のティメシテウスの手中にあった。242年にペルシアを破った。ティメシテウスの死後フィリップス・アラブスを親衛隊長官に任命したが,まもなくフィリップス帝位を望むようになり,ゴルディアヌスは殺された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android