コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルディアヌス[3世] Gordianus III,Marcus Antonius

世界大百科事典 第2版の解説

ゴルディアヌス[3世]【Gordianus III,Marcus Antonius】

225‐244
ローマ皇帝。在位238‐244年。ゴルディアヌス1世の娘マエキア・ファウスティナの息子。バルビヌスとプピエヌス両帝暗殺後,親衛隊により皇帝に迎えられた。政務は初め母の手中に,241年以後は義父で親衛隊長官のティメシテウスの手中にあった。242年にペルシアを破った。ティメシテウスの死後フィリップス・アラブスを親衛隊長官に任命したが,まもなくフィリップスは帝位を望むようになり,ゴルディアヌスは殺された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ゴルディアヌス[3世]の関連キーワード略取誘拐罪日経300先物取引大阪取引所(株)マザーボードゴルディアヌス3世日経平均株価指定管理者制度付合(法律)総合年表(北・東・東南アジア)不二門 智光

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android