コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルトシュミット法 ゴルトシュミットホウ

デジタル大辞泉の解説

ゴルトシュミット‐ほう〔‐ハフ〕【ゴルトシュミット法】

テルミット法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のゴルトシュミット法の言及

【テルミット法】より

…アルミニウムが酸化する際に発生する多量の熱を用いて金属酸化物を還元する方法。アルミノテルミー法aluminothermy process,またこの方法の発明者ゴルトシュミットH.Goldschmidt(1861‐1923)の名にちなんでゴルトシュミット法ともいう。金属酸化物にアルミニウム粉末を還元剤として混ぜて点火すると,金属は還元されると同時に,反応熱によって溶けて器底にたまり,インゴットとして得ることができる。…

※「ゴルトシュミット法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴルトシュミット法の関連キーワードゴルトシュミット(Hans Goldschmidt)ゴルトシュミットアルミニウム金属