コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴル・グンバズ Gol Gumbaz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴル・グンバズ
Gol Gumbaz

1660年,インドのビジャープルに,アーディル・シャーヒー朝の第6代の王ムハンマドが建てたみずからの墓廟。1辺約 180mの基壇上に建つ。4面同形で正方形の墓室の四隅に八角形断面の塔がつき,中央に大ドームが載る。建物の1辺 60mあまり,頂点までの高さ約 60mという驚異的な規模をもつ。ビジャープルではイスラムとヒンドゥーの伝統を折衷した独特の建築様式が発達したが,この墓廟はその代表作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゴル・グンバズの関連キーワードインド・イスラム美術

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android