コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴレ[島] Île de Gorée

1件 の用語解説(ゴレ[島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゴレ[島]【Île de Gorée】

アフリカ大陸西端,セネガルの首都ダカールが位置するベルデ岬の沖わずか3kmにうかぶ最大長900m,幅300mほどの島。セネガル領。小島であるが,アフリカの歴史上重要な位置を占める。1444年,ポルトガル人がこの島を発見したときには無人島パルマ島と名づけられた。彼らはここに商業基地を設け,奴隷,蜜蠟,アラビア・ゴムなどの集荷基地とした。奴隷も“商品”と考えられた時代である。1588年にはオランダの手にわたり,17世紀に入りゴレ島と名づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴレ[島]の関連キーワードセネガルセネガンビアダカールバマコパリ‐ダカール・ラリーブラックアフリカ汎アフリカ主義北阿ダカール・ラリー五大州(五大陸)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone