コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴロピカリ

2件 の用語解説(ゴロピカリの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ゴロピカリ

県農業総合試験場(現県農業技術センター)が「コシヒカリ」と「月の光」を人工交配して育てたコメの品種。コシヒカリから受け継がれた粘りのある食味と、病気に強い月の光の特徴を併せ持っている。ブランド化を目指した県が名称を公募し、上州名物の雷とコシヒカリにちなんで、95年に「ゴロピカリ」と命名した。日本穀物検定協会の「米の食味ランキング」によると、07年産の評価は「Aダッシュ」で、複数産地のコシヒカリブレンド米と「おおむね同等」とされる。

(2008-04-12 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ゴロピカリ

米の品種のひとつ。群馬県農業試験場で「月の光」「コシヒカリ」の交配により作出。1994年命名。群馬7号。耐倒伏性が高く、イモチ病に強い。名称は主産地である群馬の名物の雷から。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴロピカリの関連キーワード農業試験場農事試験場常陸秋そば出羽の里小島銀吉高杉喜一田中稔富樫常治福岡正信村上勘兵衛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴロピカリの関連情報