コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンバデ・カーブース Gonbad‐e Kāvūs

1件 の用語解説(ゴンバデ・カーブースの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゴンバデ・カーブース【Gonbad‐e Kāvūs】

イランのゴルガーン東方に残る高塔形墓廟(グンバド)。初期イスラム建築の傑作の一つ。1006∥07年に,カスピ海南岸地方を支配したジヤール朝の君主カーブースの命で建造された。墓廟という機能のほかに支配者の権威を象徴する役割をも果たしたと考えられる。高さ51mを超す雄大な円筒状の塔は煉瓦造りで,頂部の屋根は円錐形。塔内は空洞で墓室はない。壁面には突出するつば状の突縁があるほか,クーフィー体による銘文帯があるのみで,きわめて素朴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴンバデ・カーブースの関連キーワード遺芳イランイランガーンジーサーマーン朝塔形クレーン耳に残る遺響勝残る死に残るホラサーン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone