ゴンバデ・カーブース(英語表記)Gonbad‐e Kāvūs

世界大百科事典 第2版の解説

ゴンバデ・カーブース【Gonbad‐e Kāvūs】

イランのゴルガーン東方に残る高塔形墓廟(グンバド)。初期イスラム建築の傑作の一つ。1006∥07年に,カスピ海南岸地方を支配したジヤール朝の君主カーブースの命で建造された。墓廟という機能のほかに支配者の権威を象徴する役割をも果たしたと考えられる。高さ51mを超す雄大な円筒状の塔は煉瓦造りで,頂部の屋根は円錐形。塔内は空洞で墓室はない。壁面には突出するつば状の突縁があるほか,クーフィー体による銘文帯があるのみで,きわめて素朴である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android