ゴースト・ダンス(英語表記)Ghost Dance

翻訳|ghost dance

世界大百科事典 第2版の解説

ゴースト・ダンス【Ghost Dance】

19世紀にアメリカ・インディアンの間で起こった宗教運動。当時,インディアンは白人によって,社会的・経済的・政治的に抑圧されていた。1869年にインディアンの予言者が現れ,死者がこの世に戻って来て,白人をインディアンの土地から追い出し,至福の世界を創造してくれると告げた。次いで,死者から教わった踊り(ゴースト・ダンス)に没頭するときに死者が到来すると告げられ,各地で熱狂的に踊りが行われた。すぐに下火となったが,89年に再び別の予言者が現れ,ゴースト・ダンスを奨励し,運動の火が各地に広がった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android