コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴー・フォー・ブローク全米教育センター

1件 の用語解説(ゴー・フォー・ブローク全米教育センターの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ゴー・フォー・ブローク全米教育センター

第2次世界大戦で米軍に従軍した日系米国人の戦争体験を記録することを目的に89年に設立。名称は、日系人だけを集め欧州戦線に投入された「第442連隊」の合言葉「ゴー・フォー・ブローク(あたって砕けろ)」から取った。大戦中、米国では多くの日系人が収容所に入れられ、日系人の若者たちは忠誠を示すため米軍に志願した。

(2008-08-21 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴー・フォー・ブローク全米教育センターの関連キーワードチーホノフトラー世界大戦ドワイトDアイゼンハワー米軍ハウスBIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)横浜の外国人墓地と根岸外国人墓地米軍の日系人兵士カステルヌーヴォ=テデスコ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone